建築業界で働く|様々なキャリアを積んでフリーエンジニアになる方法
ウーマン

様々なキャリアを積んでフリーエンジニアになる方法

建築業界で働く

男性

幅広い職種が含まれる

公共建築物であれ個人住宅であれ、建設は多くの人が関わるプロジェクトですから、建設業の求人には非常に幅広い職種が含まれます。建築工事や土木工事はもちろん、内外装工事や設備工事も建設業の範疇に入ります。また建物の設計や施工管理も重要な仕事のひとつです。こうしたことから、建設業界では職種ごとに求人を探すのが一般的です。建設業は景気や政策に影響されるところはありますが、公共工事や住宅建築の需要がなくなることは考えられないため、今後も安定した求人が期待できます。就職や転職の際に経験者が優遇される点は、多くの職場で共通していますが、未経験者でもキャリアを積んで資格を取得し、さらに上を目指すことが可能です。

資格でキャリアアップ

建設業の求人に役立つ資格は多彩ですが、代表的な管理業務としては建築士や施工管理技士が挙げられます。施工管理技士は建築や土木や電気工事や管工事など、専門分野ごとに求人が行なわれます。電気工事士をはじめとする各種の技術者が、実際の施工を担当します。事務仕事にはCADオペレーターやコスト管理などがあり、それぞれの資格や経験があれば有利です。広い意味では土地家屋調査士や宅地建物取引主任者なども、建設業で求められる人材と言えるでしょう。就職や転職の際には、とかく待遇を第一に考えがちですが、将来の自分をイメージすることも大切です。どんなコースでキャリアアップしていくかを想定し、それに適合した求人を探してみましょう。