世界と関わる仕事をしたい|様々なキャリアを積んでフリーエンジニアになる方法
ウーマン

様々なキャリアを積んでフリーエンジニアになる方法

世界と関わる仕事をしたい

レディ

必ず経験は必要ではない

貿易事務は海外との貿易に関する書類の作成や連絡を行う仕事で、貿易に関する特殊な用語などを使う必要があるため専門職であるとも言われています。英語ができる、海外と取引を行う仕事がしたいという人は貿易事務に関心を持つことが多いのですが、未経験では専門職と言われている職業に就くのは難しいのではないかと思ってしまいます。実際には未経験でもまずはアシスタントという立場から経験を積み、徐々に一人でも仕事ができるようにしてくれる会社もありますが、特に小さな会社の場合には人を育てるという余裕がなかなか持てず、貿易事務の経験者を優先して採用したり、未経験であっても営業事務の経験がある人の方が採用されやすいという傾向があると言われています。

最初から社員は無理でも

貿易事務と一言で言っても、その仕事の内容は幅広いです。海外の取引先とのやり取りがあるので英語のスキルが必須とされる業務や、国内の顧客対応などが主なものになるため、英語のスキルよりもコミュニケーション能力などが必要となる業務があります。そのため、「貿易事務だから必ず資格が必要、英語が必須」というわけではありません。未経験であっても、事務経験があれば問題ないという会社もあります。社員としての採用の場合には何らかの資格や経験を必要とされるケースが多いので、まずは派遣社員やパートなどで貿易事務という仕事の流れや内容をしっかりと理解して経験を積み、それから英語を使った業務などにスキルアップしていくという方法をとることもできます。